伊那谷訪問 その2 2000/03/02

一度始めるとやめられなくなります。今日も元気に出発。

午前中はとりあえず空いていたので、昨日周り損ねた上市田局を目指します。一つだけ 回っても仕方ないので、まずは 上片桐郵便局からまわることにしました。 もちろん車で回ったのですが、上片桐郵便局はJR飯田線上片桐駅の北東にあります。 松川高校を目指して行くと、途中にあります。数年前に駅の近くから移設されたため、 局舎は新しく、また、こぢんまりとしています。このあたりの郵便局はほとんど駐車場が 併設されています。このあたりの交通事情をよく表しています。

次は、松川インター沿いにある、大島西簡易郵便局へ。 局の前の道が工事中で片側通行なうえ、この郵便局の場所を詳しく知らなかったので いったんは通過してしまいました。かなり古い郵便局です。 しかも、通帳と取扱票を差し出すと、局員の方、驚きの声で「○○くん?!」 実は、実家の近くに住んでいる方 だったのですね。僕が小さい頃からよく知っている方なので、久しぶりの再会でした。 実家に戻って親に話すと、「そういえば、そこの郵便局に行っとるって言っとったわ。」だって。 もっと早くに言って欲しかったなぁ。

そして、昨日周り損ねた上市田郵便局へ。大島西簡易局や、山吹局と 同じ街道沿いにあります。ここで貯金を済ませると、親に昼までに戻ってくるように言われていたので、 いったん帰りました。

祖母を街から家まで送っていくように頼まれていたようで、その用事が済むと、どうせ山奥だからと 大鹿村の2局を回ることにしました。祖母が大鹿村出身であるので、大鹿の郵便局の数と位置を 確認して、大鹿村へ。ひたすら狭い山道を行き、大鹿村へ出ました。まず行ったのは、 歌舞伎の里大鹿郵便局です。ここでもびっくりで、中学の時の友人が働いていました。 なんでこんなとこにいるのというような怪訝そうな目で見られました。ま、無理もありませんが。 彼も勤務中であるので込み入った話はできませんでしたが、元気そうでなにより。

次は、大鹿村もう一つの郵便局である、塩の里鹿塩郵便局へ。塩の里というのは 家の親曰く、このあたりから岩塩がとれたとのことです。昔から信州では塩が貴重だったんですね。 大鹿中学校まで行くと行き過ぎです。そういえば、ここも中学の時テニスの練習試合で何回か来たことあるなぁ。 この中学校は、人数的な理由で、男子はソフトテニス、女子はバレーしか部活がなかったのです。 それ故、強いんですよ。本題から離れても仕方がない。農協の向かい側の道を少し行ったところに 郵便局はありました。大鹿局は新しい建物でしたが、ここは古い建物でした。

次は山を下りて、中川村制覇と行きます。まずは天竜川の東岸で、中川村の中心にある 中川郵便局へ。新しい建物の郵便局でした。

そして、天竜川の西岸にある田島郵便局です。国道153号の出光のガソリンスタンド の信号を曲がり、数百メートル行ったところにありました。

時間的に本日の貯金も終了。久々に大鹿村なんていって、なかなか満足。

目次に戻る