伊那谷訪問 その3 2000/03/07

午前中もただ寝ているだけももったいないので、喬木村制覇へ。 よく場所がわからなかったですけど、ま、わからんかったらけーたいで後輩に聞けばイイや ってな気持ちで富田郵便局へ。 三遠南信自動車道の表示通りに進んでいけば見つけられるでしょう。行ってから知りましたがね。

帰りには、ちょっと遠回りして、黒田簡易郵便局 へ。農協の向かい側にあるのですが、 ここで大収穫。飯田市のATMマップをもらいましたが、単にATMの情報のみならず、簡易局の場所も明記 されているではありませんか。これで飯田市制覇への夢が膨らみます。

午後は飯島の祖父の家に顔を出しに行って来ました。正月にも満足に会っていないのでしたので。 そのついでに局巡り。

飯島町には3局あることは知っていました。ただ、場所がわかるのは飯島局だけ。 まずは七久保郵便局を目指します。七久保といえば、鉄道を趣味にしている方には 有名な場所でしょう。郵便局はかなり上の方にあります。ここで郵便局のチョコレートを初めてみました。

次は祖父の家の近くにある、飯島郵便局へ。JR飯田線の線路のすぐ近くにあります。 駅前からは少し離れていますが。昔より建て増しされて広くなった感じ。

次は、田切のΩカーブ・田切簡易郵便局です。昔はJR飯田線田切駅の近くにあったようですが、 最近移転して、国道より下にあるとの情報を、祖父から仕入れていました。保育園の近くの民家に併設されていました。 このゴム印、何とも何ともです。田切のΩカーブも鉄道ファンにとっては有名な場所。

次は国道153号にそって駒ヶ根へ。まず立ち寄ったのは、 赤穂福岡郵便局です。 なかなか、場所もわかりやすい郵便局でしょう。

そのまま153号に沿って市街地へ入っていくと駒ヶ根市の中心郵便局 信州駒ヶ根郵便局 につきました。番号札の順番待ちが7人ほどあり、混んでいました。実はここの郵便局も結構利用したものでした。 かつては。

そして、まだ16時までには結構な時間があったので、川向こうを攻めることにしました。 駒ヶ根市にあるのに東伊那郵便局へ。ここの近辺の道が広範囲にわたって工事中だったので どう郵便局に近づいていいのやら困りながらなんとかたどり着きました。 局舎は新しかったです。

そして、竜東の道をたどり、中沢郵便局へ。ここはなかなか見つけにくい郵便局でした。 幸い、中沢地区の案内板があったので助かりました。

今日はこんな物かなと思い、天竜川を渡り市内に戻ろうとする途中、商店に併設された〒のマーク を発見。下平簡易郵便局でした。感じのいい局員の方が応対してくれました。 「この道を上に行く?」と意味深なことを聞かれました。

で、下平簡易局の方の言葉通り、またまた道沿いにマークを発見。始め地図かと思ったその看板は 結構な古さでした。飯坂簡易郵便局の看板だったわけです。

あまり当てがなかったので、本日の貯金はここにて終了。明日は一日暇なので…。

目次に戻る