伊那谷訪問 その4 2000/03/08

先日、黒田簡易局でもらってきた飯田市の郵便局マップをもとに飯田市完訪を目指します。

いかに一筆書きで巡ることができるかが勝負です。まずは、 松尾郵便局へ。 国道151号を南下し、JR飯田線伊那八幡駅のそばにあります。まずは難なく貯金終了。

次は天竜川にかかる水神橋をわたり、下久堅郵便局へ向かいます。 下久堅はまだ飯田市という感じのするあたりです。

さらに、その道を山へ向かってひた走っていきます。途中、工事箇所もあったりして かなり山奥になった感じがしてきます。 つぎに向かうは上久堅郵便局です。 高校の時に上久堅の友人がいたのですが、、 彼が実家に帰省したときは、携帯が圏外で通話できないという難所です。 黒田簡易局でもらった地図がなかなか詳しいので 一気に上久堅へ到着しました。このあたりはかなりの山奥となっています。 観光用の看板があったので、それで郵便局の位置を確認して、貯金を済ませました。 このあたり、バスが通っているのかなぁ。車でないと局巡りは難しいでしょう。

ここから竜江局までは一筆書きでいけます。山奥の道とはいえ、かなり整備されていて 二車線の走りやすい道です。ただし、いくらもらった地図が詳しいとはいえ、道一本ですので 地図上のどこを走っているのかがいささか不安です。注意しながら進んでいくと、 左手に筆書きの平栗簡易郵便局の文字が。しかし、なにやら鍵がかかっています。 札には、「ご用の方は右の商店へお申し出ください。」とのこと。うーむ、簡易局らしいと思いながら、 「ごめんください」と行くと、女性局員の方が郵便局をあけてくださいました。 時間的にお昼をとっていらっしゃったのでしょう。たった100円だけの貯金で恐縮ですが、 無事に貯金終了。この方も、遠くからわざわざという感じでしたが、実家がこっちにあることを伝えて、 次の局を目指します。このあたり、周りに人家が見あたりませんが、簡易があると言うことは、 それなりに需要があるのでしょうね。

一筆書きといっても、少し入ったところに河鹿がえるの里千代郵便局がありました。 市役所の千代支所を通過して、橋をわたって、少し行ったところの辻にあります。ま、かなり山奥という 感じがあったので、ぱるるの通帳の方からもお金をおろしてきました。

そして、少し来た道を戻り、千代小学校を右手に見ながら道を下っていくと、 尾林簡易郵便局 を見つけました。局員の方は、多量の通帳を前に仕事をされていらっしゃいました。この簡易局の前の商店の 自販機でちょっと一服。まだ先は長いのです。

さて、次は竜江郵便局です。先入観というのは恐ろしい物で、てっきり道沿いにあるかと 思いきや、少し入ったところにあったんですねぇ。でも、何故気づかなかったのか不思議なくらい、大きな〒 のマークがあったのに。一度通過して、再度戻って発見しました。ややタイムロス。

次は地図通りに 簡易郵便局へ。さあ、どうして赤字でないのか。地図によると、広い道から 少し狭い通りに入ったところにあるらしいのですが、見つけられませんでした。 ここにきて悔しかったけど、探しまくっていると、他の局を見つけられなくなるので断念。無念。 でも、また探しにくるもんね〜。

さてさて、気を取り直して長野県天竜峡郵便局へ。ここは観光地天竜峡の近くにあり、 JR飯田線天竜峡駅からも歩いていけるほどの距離ですので、簡単に見つけることができます。 駐車場が目の前にあるのに、何故か見つけられなかった…。

次は、川路中平簡易郵便局です。国道151号沿いにあるので見つけるのは簡単で、 駐車場もなかなか入りやすく作ってくれてあるのでGOODでした。局内では、おじさんが局員の方と談笑中。 もう、よく見かけるパタンです。このあたりで雪が強くなってきました。

川路中平簡易局の近くで、151号を離れて三穂郵便局を目指します。 実は言うと、こんな地名があることは全然知らなかったのです。集落を見つけて、きっとその中にあるだろう と思ってウロウロしてしまいましたが、実はその先にありました。 かなり雪が強くなってきました。 外を歩くと体に雪が積もります。

平栗簡易局の近くの道とは大違いで、こっちの方が山道です。雪も強くいささか不安な中、 山本郵便局を目指していきます。ふふーん。山本中学校跡はこんなところにあったのか と新たな発見をしつつ、山本局に到着。国道153号から行った場合、少し道を入ったところにありますが、 国道沿いにも大きな看板が立っているので見つけるのは容易でしょう。

次は二ツ山簡易郵便局へ。国道153号の二ツ山の信号を折れて、 道沿いに行くと右手にあります。雪が降るのにご苦労様とのねぎらいの言葉と、粗品のゴミ袋をもらい、 次を目指します。

国道153号沿いに行くと、伊賀良局がありますが、すでに回っているのでその手前を折れます。 アップルロード沿いのカインズの駐車場の運動公園通り側の入り口のところに、 殿岡簡易郵便局があります。

で、アップルロードのサティを左手に見ながら、次の名古熊交番の信号を右折して、 しばらく行ったところの交差点の角に、名古熊簡易郵便局があります。

さてさて、残り時間が少なくなってきたので急ぐことにしましょう。再び国道151号に出て、 南下していきます。スーパーマーケットの隣にあるのが、駄科郵便局です。

もう時間がないので急ぎます。151号から横道に入ります。相当道が狭いのですが、ここを 路線バスが通っているのでさらにびっくりです。踏切を渡ってしばらく行くと、左側に 天竜舟下り時又港竜丘郵便局があります。ここはスタンプを選ぶことができます。 もう一つは確か、「ギフチョウの里竜丘郵便局」 だったかな?JR飯田線時又駅から徒歩すぐでしょう。

さて、残り30分を切りましたが、あきらめずに最後の局を目指しましょう。 市内に入らなくてはいけないのです。ここまで来たら時間との勝負です。JR飯田線飯田駅の南側の踏切を 渡り、二つ目の交差点を左折です。この道沿いにあるはずなのに…。ぐるっと回って、 三回目、通ったとき、またまた少しはいったところに〒マークを発見。 飯田羽場簡易郵便局です。腕時計はほとんど16時でしたが、最近JSTに あわせていなかったのでま、行ってみようと思いました。まだ大丈夫ですか?ときいたら、やさしそうな 女性の局員の方が二人笑顔で応対してくれました。話の内容から、この局に局巡りで訪れる人は結構少ない様子です。 おそらく、飯田駅から最寄りの郵便局だと思うのですが。主務者印、ゴム印をすでに箱にしまった後のようで わざわざ出していただくことに。ありがとうございました。

こうして、飯田市完訪まで残り1局となりました。はぁぁ。なんかすごく悔しい。

目次に戻る