18きっぷ利用で帰省 2001/01/19

たまにはJRで帰省するのも良いかと思いまして、18きっぷをヤフオクで落としまして帰省いたしました。

さしあたって2155名古屋駅。過去にMLながらにのって、空腹で仕方がなかったことがあったので、 本日はきちんと夕食。広小路口のカレー屋でチーズカレーを食す。まったりと。その後、 時間がまだまだあったのでスタバへ。なかなか混んでいたのでそのままホームへ行くことに。 まだ通勤の帰り時間帯だったので、東海道上りホームはなかなかの混み具合。前回、名古屋からMLながらに乗ったときは 3番ホームから出たので、今回もそんな気がして3,4番ホームで待っていると、気づきました。 しかし、 はやぶさ・さくらが来る時間だったのでそのまま待っていました。なんとなく、 これから九州へ旅立つ予感。 やがて、はやぶさ・さくらも出発し、ホームは閑散と。そんなわけで、本来の発車ホームである1,2番線へ。 しかし、寒い。ベンチでうずくまっていると、通勤帰りの人のために、ホーム中央でMLながらの指定券を発売し始めました。 どうやら、ここで売っているのは豊橋までの指定券の模様。待っていると東海道はたくさんの貨物が通ります。 石灰石や、コンテナなどと混ざって、得体の知れない薬品類もコキにのせられて運ばれていきます。読みとれたのがラクトニトリル。

いい加減寒くなって、改札付近で時間を過ごし、やっとMLながらが到着しました。乗車率は8割程度。 指定券は売れているはずなのに、予定変更した人もたくさんいるのでしょうね。隣の席は人が乗ってくる気配がないので、 横浜まで広く使えそうです。そうするウチにうとうと。そんなこんなで、発車チャイムが聞こえたと思ったら熱海でした。JR東日本エリアに 入った模様。さらに寝て、寝過ごさないようにして、417定刻に横浜着。結局、車掌さんがまわってこなかったので改札で18きっぷに入鋏してもらうことに。 しかし、横浜駅でも朝が早すぎて南口改札しか開いていない(汗。探すのにとまどってとりあえず改札を脱出。 すると横浜中央郵便局を発見。早すぎてダメですけど(爆)。

そして、ホームへ戻り、ウーロン茶で身体を暖め434発(始発)根岸線下りへ。さすがに始発だけあって、乗客はでら少ない。7号車は僕一人。 とりあえず眠気が先行したのですやすやと。そんなうちに大船到着。大船は僕のばあちゃが若い頃働いていたところ。 薬屋で配達の仕事をしていて自転車に乗れるようになったのだが、当時、自転車に乗れる女性って少なかったらしい。 どんなにかわっているか行ってみたいっていってたけど、外は真っ暗で何も見えない…。 改札には駅員がいないので、 そのまま通過 ファミマで朝飯を買っていく。ここのファミマにもATMがあった。

急いでホームに戻り511発横須賀線だ。ようやく空が白んでくる。窓からは海らしき水面が見える。電車自体が成田へ直通しているため 車内には、成田での航空会社別の降車駅についての案内なんかがある。周りには釣り竿を持ったおじさん達が結構乗っている。 そんなおじさん達と共に、終点久里浜で下車。折り返す電車まで時間がないので急いで改札を出、証拠写真を撮影、すぐさま戻る。 551久里浜発。通勤の時間になってきたため、車内がそこそこ混んできた。627大船着。

乗り換え時間は短い。すぐさまホームを移動して、630大船発。東海道線で西へ向かう。 もう殆ど通勤時間帯。座れない。荷物を網棚に乗せてドア横に立っていく。眠たいのがつらい。 それにしても、感心したのが携帯が1度も鳴らないこと。僕が普段乗っている朝の電車は、必ず誰かがならすのに。 マナーがイイと言うことでしょうね。結局座れずに、熱海着。

乗り換えて伊東線、755発。ここはリゾート21という伊豆急の所有する海側の窓を大きくとって、座席も窓を向けて配置した 観光用の車両を使っている。外見はさほどあたらしくはないが、シートはふわふわ。 観光客はもちろんのっているが、通勤通学の方々もたくさん乗っている。大きくとられた窓にはもちろん日よけのカーテンは無く、 結構まぶしい。観光なんかでたまに乗る分にはいいが、通勤通学で毎日乗る人はつらいだろう。さらに伊東線内ではあまり景色がいいとも言えない。 すぐに伊東に到着。817。折り返しは2分。改札を出ている余裕はないので、すぐ反対側のホームに停車中の電車に乗り換え。こんどもリゾート21。 先頭車両が前面展望になっているので、行ってみる。発車間際だったが、なんと一番前の席が空いているではないですか! ありがたく座らせていただく。先頭車は数列が階段状に配置されていて、前面展望が楽しめるような造りになっている。842熱海着。再び東海道線に乗り換え、 846発。910小田原着。9時を過ぎたので郵便局が開く。というわけで、北口からしばし駆け足で、この旅1局目。 小田原城山郵便局 しかし、921に乗らなければならないのに、窓口がやたら混んでいる。そして、やっと処理が終わり、ホームへ駆け込むが…。発車してしまった…。 仕方ないので、時刻表を見て計画していた国府津での貯金を中止。931に乗車。938国府津着。

ここも乗り換え時間がそんなに長くない。すぐ940発御殿場線に乗車。 すると、いきなり、オジサンがでっかい声で携帯をかけ始める。東海エリアはマナーが悪い?と思わざるを得ないでしょ。 御殿場線はスゴイですよ。これから運送量が増えたときのために、単線の線路の横に、もう1つレールを敷いて複線に出来るように用地が確保 してあるんですから。というのは大ウソ。丹那トンネルが開通するまでは、ここが東海道本線だったのですねぇ。 電車は東名高速と併走し、有名な 桜のトンネル も抜け、御殿場へと到着です。事前にMapionで局の位置をたたき込んでおいたので、不安ながらも、 御殿場東田中郵便局 において貯金。さらに時計をにらみながら次を探す。ナントカたどり着いた先は、 静岡県御殿場郵便局 電車の時間が無くなってきたので走りまして、雪がちらちらしてきました。で、なんとか間に合った、1056御殿場発。 反対のホームには、小田急のあさぎりが停車中でした。

1130に沼津到着。駅前の献血ルームへ行く予定なのですが、昼前なので腹ごしらえが必要だと思い、駅構内のフライングマグへ。 ざっと食し、いざ、献血ルームパレットへ。奥まったところにありまして、空いていました。平日だからなんですけど。 早速問診票をかく。「昨夜の睡眠時間は?」の項目があって一瞬あせりましたが、その辺は…^^;。問診も終え、採血へ。 すぐに成分検査にかけられ、少ないねぇとのこと。でも、過去3回のアミカスの記録を見て、即アミカスにかけられることに。 ベッドに横になり、個々にテレビが付いていないので大きな画面でいいともを見ていると、アミカスの準備が完了。 初めて アミカスの画面を見せていただきました。30分か。短いなぁ。量が少ないのかな。暇だったので採血装置の数を数えるなど、 マニアまがいの行動にでました。CCS5台、Amicus1台、TERUSYS2台、KL-1012台、ベッド8床。 ようやく終了。片腕が使えるようになると、メニューを見せられジュースを運んできてくれました。そんなこんなで全て終了。

電車まではたっぷりと時間があるので、巡ることに。 駅前の案内地図で位置を確認し出発。駅前といいつつ、結構駅から離れている、 沼津駅前郵便局 にて貯金。さらに南下したところにもあるはずだったんですが、既にさっき覚えたはずの地図が曖昧に。 それでもがんばってすすんでいくと、 沼津本町郵便局 がありました。なんとも年季の入った造りとなっていてイイ感じ。 これ以上の局は場所が分からないので駅に戻ることに。気温は6度。そんなに寒くはない。

1339発沼津。少し晴れ、富士山が見えたが、またすぐ曇ってしまってダメダメ。1358富士着。 フィルムが切れたので、駅前の写真屋さんで買って、郵便局を目指す。 富士水戸島郵便局 で預入。しかもここでも時間が怪しいので駆け足で駅に戻る。遂に、 飯田線の兄弟 身延線だ。1両のワンマン、とはいっても、運転手さんが研修中で3人乗務してましたけど。 このあたりも晴れていれば富士山が望めるはず。そこそこの乗車率を誇っていますが、1両だからこんなもんか。とも思う。 終点は西富士宮だったけど、おそらく富士宮には郵便局があるだろうという判断の下、富士宮で下車。 駅前の地図を見ると…。西富士宮には郵便局があることが判明。ダメだ。時間が大量にあったので、駅前のKFCでコーヒーを頂く。

1504発で、甲府を目指していきます。しかし、疲れから寝てしまうという悲劇。ローカル線は車窓が面白いのに…。 というわけで、それほど印象がないまま甲府。 とりあえず、あさひ銀行へ。預金。時間的に中央郵便局しか開いていないので、中郵を目指します。 しかし、これが遠い遠い。やっとの思いで着いて 甲府中央郵便局 で貯金。バスに乗ればなんとか予定の電車に乗れるだろうものだが、系統が全然分からない。 仕方なく徒歩。結局予定の電車には乗れず、1時間半ほど暇が出来た。 駅ビルの中の本屋で雑誌をかって、ヴィドフランスで時間つぶし。なにげに青本を開いている高校生がいた。 そうか。明日はセンター試験だ。

1939甲府発。車内はガラガラ。窓外は何も見えず。但し寒そうである。岡谷に到着。お茶で身体を暖め、飯田線に乗り換え。 飯田線。車掌と乗客が友達だったりしてなかなか面白い。こんなフレンドリーな路線はないだろうよ。 そんな飯田線ももうすぐワンマン化されちゃうけど。

目次に戻る