北海道9日目 2001/03/09

朝、6時前に起床。さすがに眠い。M∀RU氏が昨日「朝電話して起こしてね♪」と申していたので 早速電話。「うー、わかった。ありがと。」と本人が出たにもかかわらず、記憶がないそうである(後日談)。 ニュースをつけてみると、朝の札幌はマイナス10度だそうだ。結構さがったなぁ。と思いつつ、 出発準備をして、チェックアウト。地下鉄中の島からさっぽろまで。

スカイメイト利用者は当日空港に行かないと航空券が出ないので、なるべく早い電車に乗りたい。 というわけで、半ば駆け込んで707快速エアポート70号に乗る。 すでに、席は大方埋まっている。というわけで、最前部の車両でかぶりついていくことに。 こう混んでいては仕方のないことです。やがて発車。途中、通学生の乗り降りが結構あったが、定刻に到着。 早速ANAの航空券自動発売機でスカイメイトのカードを通して発行してもらう。 デビットで支払いできるという便利さ。16750円と、来るときより7000円程度高くなっているが、 それでも通常運賃が31500円だから十分安い。

さらに座席まで指定できるため便利なことこの上ない。隣に人がいない窓側を取得し航空券ゲット。 その後、時間があったため、上の階に上って飛行機を眺めることに。 この時期、展望デッキは閉鎖中らしいので窓から覗くことに。 前は丁度JALのスポットらしく、B767が入ってきたりしている。 滑走路も見えるが、B747とか飛び立っているのが見える中、今年から出てきた ANAのUSJ塗装の機体 も離陸していった。

航空会社は、早めの手荷物検査をと呼びかけているので、まだ時間は早めだったが下の階へ下りる。 待合室で読めるように、最後の道新を購入し、カウンターで手荷物を預ける。 量りの目盛りが11キログラムをさしたのでちょっとびっくりしながら、手荷物検査。 ちなみに手荷物は土産のワインが6本ほど。結構重い…。 待合室で新聞を読みながら待っていると、名古屋の気象情報が放送される。天気は晴れだというが、 気温が2度とのこと。待合室からどっとため息が漏れる。さすがにこの時期の2度は低い。 今日は全国的に寒いのだ。 そのうち搭乗開始となる。 ボーディングブリッジが滑りやすくなっているとのこと。北海道ならでは。 そして、ベルトを締めて、ケータイの電源を切っていると、出発。トーイングカーから離されて、 誘導路を滑走していく。 プロジェクターには、同時刻発のJAL便が先行していくのが見える。 そして、ぐぐぐっとカーブして滑走路の端に到着。 すっとスラストレバーが押され、さよーならほっかいどー。

津軽海峡を渡ったところまでは、下界がよく見えた。 来るときと同じくスープを頂きまして、ちょっとウトウト。回りをみわたすと、かなりの人がシートベルトを している。やはり、例のJAL機ニアミスの影響からか。 少し早めにベルトサインが点灯し、高度を下げていく。 おそらく岐阜に入ったあたりから下界もよく見える。しかし、ゴルフ場ばかり。 ぐぐっと豊田の方から旋回し、34番滑走路に入るだろうことが分かる。 そして、軽くバウンドしながら着陸。

手荷物が流れてくるのを待ち、受け取って、空港バスへ。これも激混み。 そして、名鉄BCに到着〜。

以上で、北海道旅行、終わり。

目次に戻る