2000年旅行記 | 2001年旅行記 | 2002年旅行記 | 2003年旅行記 | 2004年旅行記 |
2005年旅行記 | 2006年旅行記 | 2007年旅行記 | 2008年旅行記 | 2009年旅行記 |
at Zトップに戻る

 

南部アフリカ・ビクトリアフォールズ 2006/09/26

Blawayo > Victoria Falls

○列車に揺られて

あまりに寒くて寝られたものではない。夜中でも駅の停車時間がやたらと長い。早く着いてくれと思う。

早朝、車内改札があった。この車掌、やたらといかりや長介に似ていたため、心のなかで、「いかりやさん」と呼ぶことになる。といっても、いかりやさんとのカラミがあるわけでもなし。

空も明るくなり、また車内は騒がしくなってくる。途中、車窓にワラワラと人が群がる。何かと思って外を見ると、過去に列車事故があった場所らしい。残骸が撤去されておらず、残骸の中を、安全のためなんだかよく分からないけど、徐行している。聞くところによると、結構大きな事故だったらしく、この列車は安全について欲しいと思う。

朝も9時を回っているのになかなか着かず、到着時間もしらなかったため、いつ着くのだろうと途方に暮れるが、そのうちココ?っていうところで列車は止まった。Victria Falls駅だった。

○ビクトリアフォールズ拠点探し

早速歩き方の地図で今居る場所を確認し、とりあえず、歩いていくとすぐに客引きが寄ってきた。とりあえず、止まるところを先に探したかったので冷やかしのつもりでついて行ってみる。日本人とルームシェアできると言われたが、いろいろなところを見比べてもイイかなと思ったし、部屋を見ずに決めるのも危険だったので、適当に宿の名前だけ聞いてその店は後にした。

後から思ったのだが、この街でアトラクションを牛耳っているのは大手2社くらいで、後は零細のこういった客引きベースの旅行会社だ。そもそもこんなんでやっていけるのかと思う。

とりあえず、歩き方にも載っていた、Pumula Apartmentに行ってみた。そこには日本人のTさんが居た。いろいろと情報交換。とりあえず、25USDでこの人とルームシェアすることにした。部屋はリビング+2beds roomが2部屋+キッチンと取りそろっており、冷蔵庫もあったのでまぁ問題なさげな感じだ。

部屋のリビング

Tさんは出かけていったので、自分は風呂に入って一息つく。ここの風呂もバスタブだけあってシャワーが無く、身体を洗うのに難儀した。しかも途中でお湯でなくなるし。

そのうち、Tさんが帰ってきたので、一緒に宿の隣にあったスーパーに行く。スーパーというのは、日本でもよく見かけるSPARであった。SPARは普通のスーパーマーケットであり、一通りのものが揃っており、とりあえず今晩用のビールと水を購入。部屋に戻り、自分はビールを飲みながら、Tさんは日本から持参した粉末ポカリをミネラルウォーターに溶かしながら情報交換。

なんと、Tさんはタイに滞在していたが、クーデターが発生したため、折角なら言うことで、ジンバブエエアーでシンガポール経由で来たとのこと。そういえばジンバブエエアーは自分がシンガポールから出てくるときにDelayとなっていたのを覚えている。まさにその飛行機に乗ってきたということで、シンガポールでニアミスしていたらしい。Tさんの帰る日も自分と同じで、シンガポールで少し時間を作るらしい。自分のシンガポールのガイドブックを貸し出す。Tさんは数日前からビクトリアフォールズに入っているので、アクティビティの情報を仕入れる。

その後、ネットカフェに行き、無事の書き込みをし、町中をフラフラとしてみる。観光客は多いモノの、仕事のない現地人がたくさんたむろしており、やはりジンバブエという国を感じる。しかしながら、ハラレほど危険は感じない。観光地化されいるためか。闇両替の声かけはものすごくあった。

町中の様子。

町中には小さな水族館があった。淡水魚水族館でかなり寂れている感じがしたが、この寂れ具合がなかなかと思い堪能。そのあと、旅行代理店にいってアクティビティの申込みをする。

ビクトリアフォールズ水族館。滝を境にして生態系が全く異なるのだが、この水族館の展示からは読み取れず。

水族館にいた魚達。

○ビクトリアでのアクティビティ

もともと、ヘリにのってビクトリアフォールズを空から見てやろうと思っていたが、30分のフライト単品で180USDもするので敢えなく断念。3つ選んで170USDプランにする。

しかしながら、ゲームサファリ、ナイトサファリは担当の兄ちゃんがものすごく勧めてきた割りには、人数が集まらないためダメダメで、結局、サンセットクルーズ+ヘリ15分+ライオンエンカウンター にする。サンセットクルーズは明日の晩、ライオンエンカウンターはその翌日の朝、その日の夕方ヘリだ。

部屋に戻って、夕食でも行きましょうかという話になり、フラフラ歩くとピザ屋を見付けた。聞くと、デリバリーしてくれるとのことだったので、宿の部屋番号を伝える。SPARでビールを買い、部屋で待っているとまもなくピザが届いた。ピザは結構美味かった。疲れているので即就寝。

LIONラガー。

CASTLEラガー。南アフリカのビールらしい。

翌日は、Tさんといよいよビクトリアフォールズへ行くことに。

翌日へ

2006年旅行記へ戻る