2000年旅行記 | 2001年旅行記 | 2002年旅行記 | 2003年旅行記 | 2004年旅行記 |
2005年旅行記 | 2006年旅行記 | 2007年旅行記 | 2008年旅行記 | 2009年旅行記 |
at Zトップに戻る

 

シンガポール3日間 2007/05/02-06

5月の連休を利用して、両親とともにシンガポールへ出かけた。今回は写真のみで全行程ノンストップで書きました。

○ 2007/5/2 実家→中部国際空港→シンガポール(マーライオン・チャイナタウン)


土岐JCT。実家から中央道→東海環状道→知多半島道路で中部空港まで2時間程度。渋滞もなく順調。


東海環状道 矢作川橋。ほぼ交通量が無い。平日にはトヨタ関係の輸送が多いというが…?


民間駐車場に車をとめて、中部国際空港へ。GW間の平日ともあって、思ったほどは混んでおらず。


ANA Bussiness Jet.
展望デッキに上がってしばし撮影タイム。


国際ターミナルの半分はJAL機ばっかり。


反対側を望むと、マレーシア・フィリピン・中華・キャセイ・大韓のアジアのキャリアばっかり。
この後、我々が乗るシンガポールが手前の空きスポットに到着。
オープンスポットにはタイ航空がおり、スポットの空きを待っているようだった。


国内線ターミナルと管制塔。ANAスタアラ塗装の777がいた。


お馴染み出発ボード。文字が小さいけど、SQ671便で出発。
コンコースの東京三菱は激混みだったので、セキュリティエリア内のトラベレックスで両替。


エコノミークラスの、Japanese Selection。魚の照り焼きはなかなか美味しかった。
食事の前にはお約束のシンガポールスリングを頂戴した。


シンガポールに到着。とりあえずタクシーでホテルへ。
シンガポールのタクシーは安い。というか日本のタクシーは高い。


Raffels The Plaza 到着。高いだけあって良い部屋。


お約束のマーライオン。この前になかなか暑いので、スタバで冷たいモノを飲んだ。
この後はチャイナタウンまで歩いて夕食。ホーカーズは暑いので、室内で涼む。

○2007/5/3 セントーサ島・ナイトサファリ


ホテルの窓からは、Raffles Hotelが見える。緑が多くて、2階建てでなかなか高級そうだ。


地下鉄でセントーサ島へ。


近年開通したモノレール乗り場を探している最中に撮影した一枚。


いよいよセントーサ島へ入る。


モノレールの終点駅から、トラムでUnder Water Worldなる水族館へ。


トラムで島内をゆっくりすすむ。リゾートアイランドの雰囲気満点。


暑い中涼しげな水族館へ。これはタッチプールの中。


アナゴ君。品川水族館ほどは迫力がない。


日本語の説明もある。


クリオネ様。これでも思ったよりうまく撮れていた。
捕食シーンは見られず残念。


タカアシガニ様。どことなく神秘的ですが、ダイビング中にこんなんに遭遇したら怖いだろうな…。


目玉展示、トンネル水槽。通路の半分が回転寿司見たいなベルトコンベヤーになっていて止まっていても進む。
手すりがあるとなお良かった。
このコンベヤーは調子に乗って3周もしてしまった。
水族館はやっぱりこういう目玉展示が欲しい。(今の水族館はなにかしらこういうモノがあるのだ)


クラゲ。綺麗だが刺されたくない。


カクレクマノミ。このニモ様達はイマイチ色が悪い。


外に出ると激しいスコールが。20分くらい待つもなかなか止まない。


ので、無料バスにのって出発。


雨のおかげでビッグマーライオンは閉鎖。


仕方ないので、バタフライパークへ。


世界の蝶が展示されている。
標本もたくさんあるが、園内には放し飼いエリアも。


キモい、サソリ様やらクモ様。こんなんが自分の部屋を這っていたら失神確実。


何故かカメ様もいた。雨が激しいので屋根の下に避難している模様。


カルスバーグ・スカイタワー。今度はこれで展望する。
本体はドイツ製。西武園ゆうえんちのも同型か?


たくさん船が浮いている。


セントーサ観光では有名なケーブルカー。
モノレールが開通したため、ケーブルカーは必須ではなくなった。


先ほどののバタフライパーク。網がかかっている中に、蝶が放し飼いにされているらしい。


セントーサ観光はこれにて終了。
なお、途中には工事中の駅があるが、日本語でそのまま「ステーション・フューチャー・デベロップメント」って書かれても…。


ホテルに一旦帰宅。翌日のツアーの予約を済ませる。
たまたま到着したベンツのタクシーで夕食へと向かう。


ロングビーチ・マリーナ・レストランへ。
開店準備をしているなか一番乗りだったが、予約が無かったので結構危なかった。
チリ・クラブ。ここの名物料理だ。激旨。


金糸龍蝦。ロブスターの金糸揚げとガイドブックに書いてあった。
これが、超超旨。油っこくもなくあっという間に食べ終えた。


タクシーの迎車時間が近づく中、デザートのマンゴープリン。
派手な盛りつけであった。
このあとタクシーでナイトサファリへ。


暗闇に見える2本の牙はインドゾウだゾウ。
日本語トラムにのり、説明を受けながら園内を一周。
たくさん写真を撮ったのだが、案の定真っ暗暗。


トラム以外にも歩けるコースがある。
日本人の人は結構ツアーで来ているらしく、トラムが終了したらさっさと帰っていってしまった。
歩いているのは白人ばっかり。


歩くコースへ出ると、ワニ様も近くでみられる。


ホテルに到着。
ホテルのアメニティを撮影。


ついでにミニバーも撮影。

○ 2007/5/4 ジョホールバル一日観光ツアーに参加


ワゴンでジョホールバルツアーに出かける。参加者は総勢6人。


アブ・バカール・モスク。今日はお祈りの日のため午後から混むらしい。


お清めの水道蛇口。


サルタン王宮博物館。ジョホール州の王様の昔の宮殿。


まつぼっくりは人の顔をしている。


3Gローミング中。celcom社はボーダフォングループ。


ジョホールバル政府庁舎。


ジョホール水道越しにシンガポールを見る。写真中央はウッドランズチェックポイント(シンガポール側イミグレ)。


マワギャラリー。マレーシアの王室関連の展示物がたくさん。


市のシンボル時計台。


ろうけつ染め工場(?)見学。庭先にあったランブータン。


現地の民族音楽鑑賞。この後民族踊りも鑑賞した。


コーヒーの実。


ろうけつ染め実演。こうしてみるとなかなか技量が必要だ。


何も言いますまい。


昼食会場の中華料理屋の隣にあった居酒屋。何故ココに?


生きているロブスター。


シンガポール側に戻り、マンダイ蘭園。


マンダイ蘭園。近くにはシンガポール軍の基地があり、ひっきりなしに軍用機が上空を飛んでいた。


マンダイ蘭園を入り口から。


夜は、シンガポールの友人とディナー。その途中にあった消防署。


空港に戻り後は帰るのみ。


空席の関係から、ここで両親と別れ自分だけ福岡へ。

○ 2007/5/5 シンガポール→福岡


ビジネスクラスの朝食。早朝4時にこんなん出てきても食べられませんって。
初めて機内食を残した…。


途中、飛行機が落ちる夢を見るも無事福岡着。


九州国立博物館で特別展を見学。

○2007/5/7 福岡→東京


手荷物検査入り口。ただでさえ混雑する福岡空港なのだが、GW最終日とあって尋常ではない混雑。
しかもSSPの空席待ちしたら、完全に出発時刻には間に合わず。
25分遅れで出発。


でもSSPは快適。

というわけで、お疲れさまでした。

 

2007年旅行記へ戻る