2000年旅行記 | 2001年旅行記 | 2002年旅行記 | 2003年旅行記 | 2004年旅行記 |
2005年旅行記 | 2006年旅行記 | 2007年旅行記 | 2008年旅行記 | 2009年旅行記 |
at Zトップに戻る

 

JR九州完乗へ 1日目 2009/05/01

○ はじめに

これまで満足にJR九州に乗っていなかったが、この5連休で一気に完乗を目指す。完乗に当たってはフリーきっぷが一番費用的な効率が良いが、あまり適当なフリーきっぷが無かったのではじめて周遊きっぷを使うことにした。但し、周遊きっぷは東海道新幹線を絡めると行き区間の割引率が5%になってしまうので、最大限の割引を活用すべく新大阪発着とすることにした。これで未乗の山陽新幹線も完乗とできる。大阪−東京間は修行も兼ねて飛行機とする。

○ 早起きして九州へ

自宅を出発したのが0435。いつものルートで羽田空港へと向かう。周遊きっぷの起点駅となる新大阪駅へは飛行機で向かうのだ。連休の中日ということもあり、あまり電車も混んでおらず、ずっと寝ながら羽田空港へと向かう。自動チェックイン機でアップグレードポイントを活用してクラスJに乗る。珍しくお見合い席であった。

飛行機は16Rから出発し、綺麗な富士山を眺めながら、全く安定した気流の中伊丹へは5分早着。空港で朝食を摂って、そのまま空港バスで新大阪へと向かった。DASHもせず完全に寝ていく。本日は周遊きっぷのフリー区間が使えないので、ゾーン入口の福岡市内から目的地の長崎までは別途きっぷを用意する必要があった。そのため怪しい連続きっぷを窓口で購入し、コインロッカーに荷物を投入する。指定席をとってあるのぞみ11号の発車までしばらくの間郵便局めぐりをするのだ。

綺麗に見えた富士山

伊丹で摂った朝食

事前調査は特にしていなかったが、駅にあったエリアガイドの〒マークと地図を頭にたたきこんで早速歩き出す。数件の郵便局を巡ることができ、時間もだいぶ良くなったところで駅に戻る。荷物を取り出し、キヨスクで食料を調達してホームへ。諸々の充電も必要だったので、電源を取ることができるN700系の窓際を予約してあるのだ。1045新大阪発ののぞみ11号はそこそこ混雑していた。但し、完全に埋まっているわけでもなかった。寝たりDASHしたりして、ようやく1313博多着。思い返すと長い道のりだった。乗り換え改札は大混雑だったが、なんとかクリアし、1324発の大牟田行きに乗車。

下り新幹線の発車標

車内風景

広島駅近くの新しい球場

ようやく博多到着

1357に鳥栖で下車する。乗り換え時間も短かったので、地下通路を通ってさっさと乗り換える。何とか座席を確保して一安心。長崎本線の完乗へ向けてさらに進んでいく。

駅は古いが列車は斬新

1402早岐行きに乗り換え。2両編成がさっくり埋まる感じであった。吉野ヶ里から見学帰りと思われる小学生が多数乗車。隣に座った小学生は挨拶をして礼儀正しい感じだ。メガネ率が高いなと思いながら、1426佐賀着。一緒に下車。1450発の唐津線2両編成へ乗り換える。この辺りで突如として眠くなり、しばらくウトウトする。乗車率はそれほども高くなく、そのまま山本へ到着。何人か下車。山本駅は案外広く、2面3線で静かな駅であった。建物も国鉄の面影のままで、ゴミ箱など随所にJNRのマークが見られた。

唐津線

唐津線起点標

怪しい連続乗車券。今回の旅程で連続乗車券として購入するメリットは全く無し

山本駅駅舎。だいぶくたびれている。

山本駅構内。

しばらく待って、1556の佐賀行きで折り返す。高校生が多数乗車したキハ47でそのまま久保田へと進んで下車。このあとは佐世保線と大村線の中途半端になっている線区を目指す。未乗区間は、唐津から手前と、大村から先。久保田からは結構混雑していたが、ドア脇の簡易座席にしばらく座っていく。多くは武雄温泉で下車し、その後一気に空いた。有田では陶器祭りが開催されており、駅や車内でもキャンペーンののぼりやポスターがあったが、乗降はそれほど無し。

若干遅れて早岐着。乗り換え時間もあまり無いため駅の写真を撮影した後、本日最後の乗車となる長崎行きへ乗車。数年前にフェリーに乗った大村は案外早岐から遠かったことに気づく。時刻表上の所要時間は結構長いのだが、殆どが交換のための停車であり、動いている時間は案外短い。じっと最終列車に揺られ、2046長崎着。ホテルは駅前のアパホテルだったのですぐに発見しチェックイン。夕食はこれといった店も無かったので無難に吉野家とした。初日から贅沢することも無かろう。

早岐駅構内。本日最後の列車に乗る。

夕暮れのハウステンボス。

テレビで釣りバカ日誌をやっていたので殆ど全編見てしまった。ニュースで新型インフルエンザがとりあえず陰性判定されたニュースを見て就寝。

翌日へ

2009年旅行記へ戻る