2000年旅行記 | 2001年旅行記 | 2002年旅行記 | 2003年旅行記 | 2004年旅行記 |
2005年旅行記 | 2006年旅行記 | 2007年旅行記 | 2008年旅行記 | 2009年旅行記 |
at Zトップに戻る

 

JR九州完乗へ 5日目 2009/05/05

○ 今日は特急スタート

0530起床。ホテルの1階のレストランで朝食。0700にホテルを出発。今日の予定は九州を横断して宮崎県を南下する予定。ほぼ最終日である。

特急ゆふに乗るべくホームへ向かう。自由席の列に並ぶが半分くらいは韓国人であった。かなり少ない人数で発車。この列車で大分まで向かう。大分までは明らかに特急ソニックの方が早いので通しで乗る人は物好きな人ということができるだろう。

自分ではおなじみ博多駅

車窓も車内も至って平和。豊後森の近くではおおきな鯉のぼりが泳ぎ、扇形車庫が綺麗に残っているのが見えた。帰宅後調べたところ、経済産業省の近代化産業遺産に認定されているとのこと。保存運動も行われているということで一安心である。

大きな鯉のぼり

少ない乗客の大方は、湯布院で下車。やはり一大温泉地であることを知らされる。その後はガラガラのまま大分へ到着。大分駅は高架工事が進んでいて、久大本線のゆふも高架ホームへと到着した。

ほとんどがここで下車

○ 宮崎を南下

ここからは、日豊本線で宮崎まで一気に南下する予定である。まずは、ホームの立ち食いそばを食べ、列車の到着を待つ。1120 にちりんが大分を発車した。またしても自由席ですらガラガラ過ぎる。ひたすら南下していくが、単線のため、ちょくちょく運転停車があった。

大分駅でそばを食べる

にちりんでひたすら南下

途中、風雨にさらされた高架橋と並走するようになる。JR総研の宮崎リニア実験線の跡地である。しばらく並走していくと、いずれ終了しまた何事も無く列車は進んでいった。

宮崎リニア実験線

軌道は撤去されずに残っている

3分遅れで宮崎に到着。この後は日南線に乗ることになる。宮崎駅は1-2番線と3-4番線で改札が異なっている珍しい構造になっていた。改札内にお土産店などが集まっていると錯覚してしまった。

宮崎駅到着。独特

○ 最後は日南線

ミスドでドーナツを買おうとしたが大行列になっていたため断念。コンビニでパンを買って日南線へ乗り込む。日南線はキハ47の2両編成。1446発車。こどもの国駅でかなりの乗客が乗車し満席になった。今日はこどもの日で、イベントや入園料が無料になっていたらしい。日南あたりで空くかと思いきや、ぜんぜん空かず、油津の乗り換えで2両が1両に減り、さらに混雑に拍車をかけた。そのまま志布志へ到着。志布志もかつては3本の路線が交差する鉄道の要衝だったはずだが、現在は1面1線のホームがあるのみの寂しい駅となっている。

志布志駅

広い構内が往事を偲ばせる

駅からしばらく歩くと鉄道公園があり、C58やキハ52が静態保存されている。志布志駅舎にはかつての写真も展示されている。

鉄道記念公園

雨上がりの空に虹がかかる中、折り返しの日南線は出発。乗客は数人だった。外も暗くなったので、ネットブックで日南線の歴史をWikiediaなどで調べつつ。宮崎到着。今夜もスーパーホテルに宿を取っているので、バスで近くまで向かう。

大きな虹が

さっさと荷物を置いて、ガイドブックに載っていた地鶏の炭火焼の店へ向かう。カウンターだけの小さな店であったが、おいしい鶏肉をビールと焼酎で頂く。初めて金霧島を頂いた。朝鮮人参が入っているそうだが、それほど薬くさくも無く2杯も飲んでしまった。ただ、霧島を飲むのはやはり観光客が多いようで、常連のお客さんは、普通の焼酎を飲んでいた。訪問した時間にはすでにお勧めの鶏は無くなってしまっていて、普通のを食べたが、全くもっておいしく頂いたのであった。

鶏肉。旨い

ホテル近くにはコンビニが無かったので、気になる立ち食いうどんで1杯しめて、ホテルに戻る。

翌日へ

2009年旅行記へ戻る