旅行貯金のすべて

○旅行貯金とは

旅先での記念として、日本全国にその勢力を広げる郵便局を利用するもの。しかも、郵政三事業のうち、「貯金」を利用。旅先で見つけた各郵便局で100円ずつ預け入れをし、通帳に、主務者印とゴム印を捺してもらって記念とするもの。

○何が面白いのか

いくつかの局には、ゴム印に絵入りのものが存在する。それらのいわゆる宝の印を発見すること、また、地域に密着した簡易郵便局を訪問すること。他には、オンライン化されていない、いわゆるオフ局(=オフラインの局)を訪問することなどが挙げられる。

○自分ルール

実践している人たちは、各々自分でルールを決めて訪局している。sky-dのルールはこのような感じ。

○応用問題

あさひ銀行は、ATMで預け入れ、引き出しをした場合に、通帳に支店名・出張所名が印字される。それを利用して、あさひ銀行巡り(=あ銀めぐり)も行っている。ATMに対応するため、1件あたりの預入額は1000円にしてある。

○本末転倒

旅行の記念としての旅行貯金であるが、本来の意味を失って、貯金が目的の旅行をしてしまうことがしばしばある。気をつけたい。

○訪問した郵便局

訪問した郵便局を訪問順にまとめてあります。ご覧ください。

なお、データベースソフトウェアからの自動生成ですので、正常に表示されない環境が存在するかもしれません。

通帳1冊目 | 通帳2冊目 | 通帳3冊目 | 通帳4冊目 | 通帳5冊目 | 通帳6冊目

 

トップに戻る